タイ反政府集会、2万人規模に拡大 強制排除が逆効果に

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年10月19日

タイでプラユット政権の退陣などを求める反政府集会が、政権側の集会禁止措置や放水による強制排除があったにもかかわらず、18日もバンコクなどで開かれた。政権側の出方によっては、衝突が起きる可能性もある。参加者は逮捕されたリーダーらの似顔絵を掲げ、「仲間を釈放しろ」などと声を上げた。 【写真】民主化を求めて声をあげるタイの人々。SNSなどの呼びかけで若者を中心に多くの人が集まった=2020年10月18日午後6時、バンコクの戦勝記念塔、福山亜希撮影  反政府集会は18日夕からバンコクの戦勝記念塔前など数カ所で始まり、参加者は合わせて2万人規模に膨らんだ。バンコクの会社員の男性(25)は「当局の強硬な対応で、眺めるだけだった人々もデモに参加するようになった。真の民主化が実現するまでデモに加わり続ける」と話した。  7月から続く反政府集会で中心になっている若者は軍事政権の流れをくむプラユット政権の退陣や、軍政下で制定された憲法の改正、タブー視されてきた王室改革などを求めている。

 
Top