失速したクールジャパン 政府肝入りファンドに「最後通告」

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2022年11月23日

経済産業省は22日、累積赤字が300億円を超える官民ファンド「クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構、CJ機構)」の改善計画を示した。2025年度に収支を黒字転換させるとして存続を求めているが、計画の見直しは2度目で、財務省側は「最後通告」を突きつけている。 【写真】崖っぷちのクールジャパン機構、その存続を訴える経済産業省  非公開で開かれた財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の分科会で新たな改善計画が示された。財務省によると、委員からは「今回の見直しはラストチャンスだ。成果があがらなければ廃止か統合するしかない」などの厳しい声が続出。業績が今回の計画を下回った場合、早ければ23年度中にも統廃合の決断を求めることになったという。  経産省も、今回の計画は最低限達成すべき目標と位置づけており、計画が達成できなくなった時点で統廃合を判断する考えを示した。

 
Top