カテゴリー:その他

なぜ「駐車場」だけ「月極」という言葉を使うのか? 「つきぎめ」が他業種で用いられない理由とは

カテゴリー/ その他 |投稿者/ ビレンワークアップ
2022年08月19日

駐車場以外ではまず見かけない「月極(つきぎめ)」、その意味は?

駐車場で見られる「月極(つきぎめ)」。それ以外ではあまり耳にすることは無いのはなぜ?

 

 

大谷、奪三振ショー!6回まで10K無失点投球、打では3試合連続安打「2番・投手」リアル二刀流出場

カテゴリー/ その他 |投稿者/ ビレンワークアップ
2022年06月23日

エンゼルスの大谷翔平投手(27)は22日(日本時間23日)、本拠地エンゼルスタジアムでのロイヤルズ戦に「2番・投手兼DH」で今季12度目の投打同時出場。今季6勝目に向けてマウンドに上がり、6回まで10三振を奪い無失点に抑えている。 【写真】米国でも大人気!打撃練習に向かう途中、女の子にサインを求められる大谷  立ち上がりの初回、メリーフィールドベニンテンディに連打されて無死一、二塁とされたが、ウィットを高めの直球で空振り三振でメジャー通算300奪三振を達成。続くメレンデスを左飛、ドジャーを見逃し三振に仕留めてピンチを切り抜けた。2回は3者連続三振、3回はメリーフィールドから空振り三振を奪うなど3者凡退、4回も3者連続三振。5回も1三振を奪い3者凡退に抑えた。1点の援護をもらった直後の6回は1死から四球を出したがベニンテンディをニゴロ併殺打に打ち取った。  打っては、初回1死の第1打席はロ軍の先発左腕リンチと対戦し四球で、3回2死の第2打席で遊撃安打。20日(同21日)のロイヤルズ戦から続く連続試合安打を「3」に伸ばした。5回1死一塁の第3打席は四球だった。  前回登板の16日(同17日)のマリナーズ戦では「3番・投手兼DH」で先発。投げては6回3安打無失点で5勝目を挙げ、チームの連敗を3で止めた。打っては4打数2安打だった。  前日21日(同22日)のロイヤルズ戦では「3番・DH」で2本塁打するなど4打数3安打で自己最多の8打点。この日の試合前までの通算成績は、投手は11試合で5勝4敗、防御率3・28、打者は68試合で262打数68安打、打率・260、15本塁打、45打点、7盗塁となっていた。

 

 

エアビーが中国国内の事業閉鎖へ、コロナ巡る制限措置響く-関係者

カテゴリー/ その他 |投稿者/ ビレンワークアップ
2022年05月25日
 

 

米、北欧2国が首脳会談へ NATO加盟申請巡り協議

カテゴリー/ その他 |投稿者/ ビレンワークアップ
2022年05月18日

米ホワイトハウスは17日、バイデン米大統領が北欧スウェーデンのアンデション首相と、フィンランドのニーニスト大統領と19日にホワイトハウスで会談すると発表した。両国が書類を提出する見込みとなった北大西洋条約機構(NATO)加盟申請を巡り協議する。  北欧2国は、ロシアによるウクライナ侵攻の影響で、伝統としてきた軍事非同盟から路線を転換した。会談では、欧州の安全保障やウクライナへの支援についても話し合う予定だ。

 

 

米大統領、リークの停止を指示 ロシア軍の情報共有について

カテゴリー/ その他 |投稿者/ ビレンワークアップ
2022年05月11日
 

 

30年ぶりの「新卒入社」 ローカル線・いすみ鉄道に東京出身・松木さん 夢の運転士へ第一歩 千葉

カテゴリー/ その他 |投稿者/ ビレンワークアップ
2022年05月05日

車両の清掃を行う松木さん

 

 

GWで業務用のビール増産 「アサヒ」が前年比5倍

カテゴリー/ その他 |投稿者/ ビレンワークアップ
2022年05月05日

3年ぶりに行動制限がないゴールデンウィークを迎え、ビール各社は、業務用ビールを増産している。 大手ビール各社は、新型コロナウイルスの影響などで休止となっていたビアガーデンが再開するなど、飲食店を利用する人の増加や、3年ぶりに連休中の行動制限がなく、行楽需要などが見込まれることから、業務用ビールの製造を5月に入り、増やしている。 2021年に比べて「アサヒ」が5倍、「サントリー」が4.7倍、「キリン」が4倍、「サッポロ」が3倍、それぞれ増やしているが、感染拡大前の水準までは戻っていない

 

 

ついに敢行 首都高の上限「普通車1950円」に引上げ ETC専用化も 歴史的な日に

カテゴリー/ その他 |投稿者/ ビレンワークアップ
2022年04月01日
 

 

幼稚園が被弾…ウクライナ“戦闘激化”食い違う主張

カテゴリー/ その他 |投稿者/ ビレンワークアップ
2022年02月21日

アメリカのバイデン大統領が言うように、プーチン大統領は本当にウクライナ侵攻を決断したのでしょうか。最前線ではウクライナ軍の兵士2人が死亡するなど、戦闘が激しくなっています。 ▽「銃声が」最前線に住む家族から連絡 (佐々木一真アナウンサー)  「こちらの施設では日本に住んでいるウクライナの方々による集会が今行われています。今日は60人ほどが参加するということです」 このような集会は月に数回程度開かれていて、現地の情報交換などを行うといいます。 (マリアさん(仮名)) 「ここはみんな家族みたいです。みんな優しい」 (佐々木一真アナウンサー) 「ボルシチを食べるとウクライナのことを思い出したり?」 (マリアさん(仮名))「もちろんです。ママのこと…すみません…」 ウクライナ東部、ドネツク出身のマリアさん。両親と弟は今も親ロシア派の武装勢力が実行支配する地域で暮らしています。 (マリアさん(仮名)) 「いまドネツクは大変です。朝からママがメールした。『戦争が始まった』と。」 母親からメールが来たのは3時間前。 (母親)銃声が聞こえる (マリアさん)大変、気を付けて安全対策をして。状況は? この後、母親からの連絡は途絶えました。 (マリアさん(仮名)) 「まだ既読になっていないし、現地の状況はどうなっているかわかりません。(ウクライナは)今は夜。寝る時間。(銃撃は)以前と同じいつも夜。」 ウクライナの東部でいま、何が起きているのでしょうか? ▽「砲弾」飛び交う…最前線で戦闘激化 親ロ派の武装勢力から砲撃を受けるウクライナ政府軍。最前線を取材していたメディアも地下のシェルターに避難します。 ウクライナ軍によると19日、親ロ派の攻撃で兵士2人が死亡、4人がけがをしたということです。 (ウクライナ政府軍幹部) 「ウクライナ軍は、民間人(と兵士)の命を救う必要がある場合を除いて報復攻撃はしない」 一方、親ロ派武装勢力は20日、「ウクライナ軍からの攻撃で一般市民が犠牲になった」「ウクライナによる侵攻計画が始まった」と発表しています。 緊張が高まっているウクライナ東部。ドネツク州とルガンスク州の一部を「人民共和国」を自称する親ロ派の武装勢力が実効支配していて、ここ数日、ウクライナ軍との間で戦闘が激化しています。 (「ドネツク人民共和国」指導者 デニス・プシーリン氏) 「彼らの武器は私たちと子どもたち民間人に向けられています。まず女性 子ども 高齢者が避難の対象となります。」 親ロ派は、ウクライナ軍による攻撃を理由に住民をロシアに避難させると発表。 軍人「戻って下さい。ここは通行禁止です」 ドネツク市中心部では「親ロ派幹部の車」が爆発。砲撃も相次いでいて17日にはウクライナ側の幼稚園に砲弾が撃ち込まれました。 (幼稚園の園長) 「朝8時45分、子どもたちが朝ごはんを食べている時に起きました。女性2名 男性1名の職員がけがをして救急車で運ばれました」 親ロ派は「ウクライナ軍が撃った」と主張していますが、ウクライナ軍は「親ロ派による砲撃」としています。 親ロ派が実効支配するドネツクに今も家族が暮らしているマリアさん(仮名)。 (マリアさん(仮名)) 「毎日心配。明日はどうなってしまうかわからない状態です。緊張感が続いているそうです。とてもつらいし言葉にできない。涙が出てきてしまいます。」 マリアさんは8年前の2014年、日本人の夫とウクライナを離れました。 ロシアがクリミア半島を併合したこの年、マリアさんが住むドネツク州でも親ロ派の武装勢力が一方的に独立を宣言。ウクライナ政府軍との間で激しい戦闘が起こりマリアさんは親しい友人を失くしています。 (マリアさん(仮名)) 「朝まで砲撃が続いていました。とても怖かったです。あの時から花火が怖くなってしまいました。今でも(花火の音が)聞こえるだけで隠れてしまいます。私の母親は孫、私の子どもをみたことがありません。私も親族に8年間会えていない。母は孫に会ったことがないまま死んでしまうのではないかと不安に思っています」 マリアさんは家族が暮らすドネツクに自由に出入りできません。 ▽廃墟もそのまま…親ロ派“支配地域” 親ロ派の支配地域につながる道には複数の検問所が設置され許可証がなければ通行できないといいます。 支配地域はいまどうなっているのか?今月上旬、トルコのメディアが入りました。 (トルコメディア チェティネル・チェティンさん) 「この争いは黒海で起こっています。国境近くで起こっているのです。トルコにとってロシア、ウクライナはとても重要です」 足を踏み入れると、そこには戦闘の激しさを物語る痕跡が… (トルコメディア チェティネル・チェティンさん) 「建物は廃屋となっていますね。信じられないくらいひどい光景です。老人しか残っていません。そこにマーケットがあります。オレンジが置かれていますが明らかにずっと置かれたままです」 店員「街に人がいないので売れない」 西側メディアがドネツクで住民に話を聞くと… (親ロシア派地域の住民)「ひどいことをしたので、ウクライナになってほしくない」 「戦って血を流したので、最終的な目標はロシア連邦に入ることです」 住民の多くがウクライナへの批判とロシアへの期待を口にします。 しかし本音では、ウクライナを支持する住民も多いとマリアさんは言います。 (マリアさん(仮名))「あえて自分からウクライナを応援しているとは言いません。なぜなら危ないからです。ドネツクではウクライナのテレビ局が見られなくなってしまいました。ウクライナの情報が手に入らない。ロシアのプロパガンダのみを毎日聞かされます。ウクライナは悪い国だ、子どもを処刑する国だ」と。 ▽「偽情報」警戒…動画に“不審点”指摘も ウクライナの日本大使館の元調査員で現在は国営通信社に勤めている平野高志さんは、ロシアが流す「偽情報」に 注意が必要だと指摘します。 (ウクライナの国営通信社 平野高志さん) 「ロシア語を使うからロシア寄りということはまずありませんし、ロシア語を話す人もウクライナ人のアイデンティティを持っている人はたくさんいます。そこをプーチン政権は非常に単純化して、東部にはロシア語話者が多い。ロシア人が多いから親ロ派なんだ。で、私たちはそこの住民を助けなければいけない、というロジックを使って、(2014年の)クリミアの時もそうですし、今も同じロジックを使っています。それは偽情報だと思いますし、気をつけないといけないと私は思っています」 ウクライナ側から攻撃を受けたとする映像などを連日、発信している親ロ派の武装勢力。 その中には「偽情報」が含まれている可能性があると、イギリスの調査報道機関「ベリングキャット」は指摘しています。 (「ドネツク人民共和国」指導者 デニス・プシーリン氏) 「まず女性、子ども、高齢者が避難の対象となります。」 17日にウクライナ軍から激しい攻撃を受けたと主張する親ロ派の指導者は、翌日の18日に住民に避難を呼びかける動画を自身のSNSで公開しています。 しかしベリングキャットのメンバーが動画に記録されたデータを調べると… 作成された日付は、16日。激しい攻撃を受ける前に避難を呼びかける動画を準備していたことになります。 プーチン大統領は、ウクライナ東部で「ジェノサイド(虐殺)」が起きていると主張しています。 (プーチン大統領) 「ウクライナでは大規模かつ組織的に人権が侵害され、ロシア語を話す人々への差別が法制化されている」 プーチン政権は2019年以降、親ロ派地域でパスポートを発給。これまでに70万人以上の住民がロシアの市民権を取得しているといいます。 ロシアが偽情報を拡散し、「自国民の保護」を口実にしてウクライナに侵攻することをアメリカは懸念しています。 (バイデン大統領) 「現時点で彼が(侵攻を)決断したと確信している」 核兵器を搭載可能な大陸間弾道ミサイルなどの発射演習を指揮したプーチン大統領。 本当に、侵攻を決断したのでしょうか?

 

 

NY市、民間企業18万社にコロナワクチン接種を義務化 27日まで

カテゴリー/ その他 |投稿者/ ビレンワークアップ
2021年12月07日

米ニューヨーク市のデブラシオ市長は6日、民間企業の新型コロナウイルスワクチン接種義務化を発令すると発表した。市内の企業18万4000社は12月27日までに、従業員のワクチン接種の証明書を提出しなければならない。 【動画】オミクロン株感染、米16州に拡大 重症報告ないものの専門家は慎重姿勢崩さず さらに、5歳から11歳までの子どもに対し、12月14日までに少なくとも1回のワクチンを接種するよう義務付けた。接種しない場合は飲食店の利用やスポーツなどの課外活動ができなくなる。 デブラシオ市長は声明で「ワクチン接種は、パンデミック(世界的な大流行)から抜け出すための手段であり、ニューヨーク市民が自身と地域社会の安全を守るための大胆かつ国内初の方策だ」と述べた。 ニューヨーク市のデータによると、新型コロナ検査の陽性率が増加するなど一部の指標で市内での感染拡大が示されている。 米国全体でも、先週確認された新規感染者は1日あたり平均12万人以上と、前週比64%増となったことがロイターの集計で分かった。米疾病対策センター(CDC)によると依然として99.9%がデルタ株への感染だというが、オミクロン株の感染も全米50州中17州に広がっている。

 

 
 
Top