大金星サウジアラビア、試合翌日が急遽休日に! サルマン国王の粋な計らい

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2022年11月23日

サウジアラビアのサルマン国王が、サウジアラビア代表チームの大金星を受け、試合翌日の11月23日(水)を急遽祝日にした。国営通信社SPAが伝えている。 【動画】祝日をもたらせたサウジアラビアの衝撃決勝ゴール! サウジアラビアは22日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループC第1節でアルゼンチン代表と対戦し、2-1の逆転勝利を収めた。 今大会の有力な優勝候補に挙がる強豪相手にFWリオネル・メッシのPKで前半早々にリードを許したサウジアラビア。 しかし、強気なライン設定を維持して1点差で試合を折り返すと、後半序盤にはFWサレー・アル・シェフリ、MFサレム・アル・ドサリの連続ゴールで一気に試合を引っくり返す。以降は完全に押し込まれたが、チーム一丸となった守備でリードを守り抜き、公式戦36戦無敗中の相手に会心の勝利を飾った。 世界中のフットボールファンが大きな衝撃を受けたこのジャイアントキリングに関して、やはり当事者であるサウジアラビア国民の喜びようは相当なものだったようだ。 サルマン国王は試合後、このアルゼンチン戦の勝利の余韻を国全体で共有すべきと考え、すべての労働者とすべての学生を対象に翌23日を休日にするよう指示。これにより、サウジアラビア国民は勝利の喜びと共に思わぬ休日というプレゼントを代表チームから受け取ることになった。

 
Top