中国当局、治安要員を大規模配備 反「ゼロコロナ」デモ抑え込みへ

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2022年11月30日

中国当局が膨大な数の治安要員を迅速に動員し、国内全土で起きている抗議デモを抑え込みにかかっている。過酷な「ゼロコロナ」政策に怒りの声を上げ、路上に繰り出す国民への対抗措置に踏み切った形だ。警官らは街路を巡回し、抗議デモ参加者の携帯電話をチェック。一部の参加者には直接電話をかけて警告を発してもいるという。 【映像】中国当局、抗議デモ抑え込みへ 市民の携帯電話もチェック 28日と29日、中国の主要都市では抗議デモの現場に警官が大挙して押し寄せた。先週末にかけて発生したこれらのデモには数千人が集まり、ゼロコロナ政策への怒りのほか民主主義と自由の拡大も訴えた。習近平シーチンピン)国家主席を名指しで非難するなど、異例の光景が繰り広げられていた。 大勢の警察官が現場に動員されたことで、以後デモ参加者の勢いは衰えている。一部の都市では当局が新疆ウイグル自治区で使用する監視システムを導入し、週末のデモに加わった人たちを威嚇するケースもみられる。 中国の治安当局のトップは29日、「社会全体の安定を効果的に維持する」と約束。上記の抗議デモに言及はしなかったものの、法執行機関に対し、「敵対勢力による浸透・破壊工作には毅然(きぜん)として痛撃を与える」よう強く求めたと説明した。違法な犯罪で社会秩序を乱す行為に対しても同様だとした。 こうした厳しい口調は、強硬な弾圧の前触れかもしれない。現行の抗議デモの波は、民主化を求めて人々が天安門広場に集まった1989年以来最大の規模となっている。 大掛かりなデモが行われた上海中心部では、歩道に背の高いバリケードが設置され、デモ参加者が集まるのが事実上不可能になった。28日夜には広場などで抗議集会が行われる予定だったが、多数の警官の配備を受けて中止を余儀なくされた。 デモのために集まったある参加者によると、警官らは通行人の携帯電話をチェックし、VPN接続をしていないか、あるいはツイッターやテレグラムといったアプリをインストールしていないかどうか尋ねていたという。VPN接続は中国当局のネット検閲システムの回避に使用できる。 「現場には警察犬もいた。恐ろしい雰囲気に満ちていた」と、この参加者は述べた。 29日には、警察官が上海の地下鉄で乗客の携帯電話を調べる様子を捉えた動画が出回った。 別のデモ参加者はCNNの取材に答え、自分を含む「80~110人」が26日夜に警察によって拘束されたと明らかにした。24時間後に釈放されたという。 CNNは拘束されたデモ参加者の人数について独自に確認できていない。依然として拘束されている参加者がいるのかどうかも不明。 この参加者によれば、拘束された人々は警察署に向かうバスの中で携帯電話を没収された。警察署では指紋と網膜パターンを採取されたという。 また警察はデモの参加者らについて、「カラー革命を起こしたがっている悪意ある人々」に利用されているとの見方を示した。拘束された人々に対し、全国規模の抗議行動が同じ日に起きたのがその証拠だと指摘したという。 また釈放時に携帯電話は返却されたものの、フォトアルバムとSNSの通話アプリは削除されていたという。 一方、北京では28日、数百人が行進する平和的なデモが列をなした警察官の見守る前で行われた。ただその後、一部のデモ参加者の下には、警察からデモについて質問する電話がかかってきたという。 デモ参加者の一人は、地元の警察官を名乗る人物からの電話について、デモの現場にいたかどうか、そこで何を目撃したか尋ねられたと説明した。また当局に何らかの不満がある場合は警察に苦情を申し立てるようにし、抗議デモのような「違法行為」に加わるべきではないとも告げられたという。

 
Top