ダルビッシュ、7回1失点10奪三振でメジャー最多タイ5勝目。最速158kmシンカーで空振りを奪って咆哮!

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月24日

堂々のサイ・ヤング賞有力候補と言っていいだろう。  シカゴ・カブスダルビッシュ有は現地時間23日、本拠地で行われたシカゴ・ホワイトソックス戦に先発すると、7回6安打1失点1四球10奪三振の好投で今季5勝目をマークした。5勝はシェーン・ビーバー(クリーブランド・インディアンス)、ライアン・ドブナック(ミネソタ・ツインズ)に並んでメジャー最多、ナ・リーグでは目下ハーラートップだ。 【動画】ダルビッシュ、圧巻の10奪三振でメジャー最多5勝目を記録!  シカゴ北部に本拠を置くカブスと南部に置くホワイトソックスによる「ウィンディシティ・シリーズ」3試合目の最終日、前の試合を含めて3連敗中のカブスを救ったのは『エース』の力投だった。  ダルビッシュは2回、4番のホゼ・アブレイユにMLBタイ記録の4打数連続アーチを浴びて先制を許す。さらに4回は味方打線が無死満塁の場面で1点も挙げられず、直後の5回表には1死一、二塁のピンチを招き、いつ崩れてもおかしくはない試合展開だった。しかし、今年のダルビッシュは、この程度の窮地では全く動じることはない。相手の反撃の芽を摘むように大事な場面では三振を奪い、初回から毎回の奪三振をマーク。6回裏にカイル・シュワーバーが逆転の2ランを放った後の7回には、3つのアウトを三振で記録して完全に試合の流れを引き寄せた。    今季2度目の2ケタ奪三振のうち7個は伝家の宝刀スライダーで記録したが、圧巻だったのは5回のピンチを封じた投球だ。2番、ヨアン・モンカダにフルカウントから投じた内角の一球は、この日最速となる98.3マイル(158.1キロ)のシンカー。渾身の一球で強打者を空振りに仕留めてダルビッシュも雄叫びを上げたのだった。  カブスは薄氷の1点を守り切って2対1で見事勝利。ダルビッシュは開幕2戦目から5連勝を挙げ、5戦連続QSという素晴らしい投球でメジャー最多勝に並んだ。今季の成績は6先発で5勝1敗、防御率1.70、奪三振率10.70、与四球率1.46と圧巻の成績が並んでおり、現時点ではサイ・ヤング賞の有力候補と言っていい数字を残している。次回以降の登板にも期待したい。

 
Top