フランスの外相、米豪は「うそつき」だと批判 新たな安保枠組み

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2021年09月20日

フランスのジャン=イヴ・ルドリアン外相は18日、アメリカとイギリス、オーストラリアの3カ国が新たに構築した安全保障の枠組み「AUKUS(オーカス)」について、アメリカとオーストラリアがうそをついていたと批判した。 AUKUSでは、アメリカからオーストラリアに原子力潜水艦の建造技術が提供される。領有権争いがある南シナ海における、中国の影響力に対抗することが狙いとみられている。 一方でこれにより、フランスがオーストラリアと結んでいた500億豪ドル(約4兆円)規模の原潜製造契約が破棄されることが決まった。 フランス政府は、この枠組みの構築を発表の数時間前に知ったという。政府はすでに、両国に駐在している大使を呼び戻している。 民放フランス2のインタビューでルドリアン外相は、アメリカとオーストラリアの動きは「二枚舌で、信頼を裏切り、侮辱的」だと非難した。 また、アメリカとの同盟関係に「深刻な危機」が始まっていると指摘した。 「アメリカとフランスの関係において史上初めて、我々が諮問のために大使を呼び戻す事態になった。このことが、両国間の危機がいかに深刻かを物語っている」 ルドリアン外相は、大使らは「状況を再評価」するために呼び戻されていると説明している。 一方で、3カ国目のイギリスについては「常にご都合主義で立場を変える」と批判。ただし、駐英フランス大使を呼び戻す「必要はない」と語った。 「イギリスは今回の件に関して、余計な存在のようなものだ」 今週行われた内閣改造で英外相に就任したばかりのリズ・トラス氏は19日、日曜紙サンデー・テレグラフでAUKUSを擁護。イギリスが利益の防衛に「現実的に」取り組む準備ができている現れだと述べた。 ■豪は7番目の原潜保有国に AUKUSにより、オーストラリアは世界で7番目の原潜保有国となる。また、3カ国はサイバーや人工知能(AI)、水中防衛の分野などでも技術を共有する。 フランスは2016年、オーストラリアから原潜12隻の製造契約を獲得していた。 ジャン=ピエール・テボー駐豪フランス大使は、オーストラリアの契約破棄は「とんでもない間違い」だと述べている。 一方、中国はAUKUSについて、3カ国は「時代遅れの冷戦思考」をいまだに持っていると批判した。 米ホワイトハウスの高官は、バイデン政権が数日以内にフランス政府とやりとりをして、相違の解消に取り組むと発表した。 オーストラリアのマリーズ・ペイン外相は、フランスの「落胆」は理解できると述べた上で、「我々が(フランスとの)二国間関係をいかに重視しているか」確実に理解してもらえるよう協力していきたいと語った。

 
Top