過去の記事:2020年8月

セブンカフェの販売方法が変わった? 一部で「絶対ぶちまけるやつ」など戸惑いの声 → 本部「現在テスト販売中」

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月06日

セブン-イレブンのコンビニコーヒー「セブンカフェ」について、「販売方法が変わった」という報告が一部であがっています。まだ全店で導入されているわけではないようですが、利用者からは「絶対ぶちまけるやつ」「めんど、、、」「戸惑った」など、「不便になった」といった声も。今後はこの販売方法が主流になるのか、セブン‐イレブン本部に聞きました。 【画像:実際に販売されている様子】  従来のセブンカフェでアイスコーヒーなどを購入する場合、最初から氷が入ったカップを棚から取り、レジに持っていって注文する仕組みでした。これに対し新しい方式では、「氷だけ」がビニール袋に入って売られており、これをレジに持っていくとカップを渡されるという仕組み。これまでと大きく違うのは、購入後「自分で袋からカップへ氷を移さなければならない」という点で、確かに慣れないと失敗したり手間に感じたりしそうです。  セブン-イレブン本部に問い合わせたところ、この「袋入り氷」タイプは現在テスト販売中の商品で、現時点ではまだ全国展開の予定はないそうです。なお、価格についてはカップの場合と同一。同社では普段からさまざまなテスト商品を販売しており、これもその一環とのことでした。  他にもツイートをさかのぼってみると、この「袋形式」は、2019年時点で既に一部では目撃されていた様子。ただ、最近になって報告が増えているところを見ると、テスト販売の対象がここにきて広がったりしたのかもしれません。

 

 
 
Top