過去の記事:2020年8月

コロナで減便、CAは今 保育園や病院、レストラン…「再開時の経験に」

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月10日

航空会社の客室乗務員(CA)が新型コロナウイルスの影響による航空便の運休と減便で乗務時間が大幅に減る中、副業や研修、ボランティアなどを通し、機内以外で活躍の場を広げている。テレワークをできない職種だけに、空いた時間を活用し保育園や病院、塾、スーパー、保健所、レストランなどで働き「運航が元に戻れば、経験をCAの仕事に生かし、お客様と接したい」と願っている。【中村宰和】 【図解でおさらい】自宅待機になったら  成田―福岡の往復の乗務を終えた格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンのCA、祐村繭さん(25)は帰宅後、翌日の仕事の準備をした。「明日は子どもたちといっぱい遊ぼう」と、Tシャツとジャージー、キャラクターのタオルをかばんに入れた。翌朝、通勤電車内で子ども向けの音楽を聴き、横浜市青葉区の保育園に向かった。保育室に入ると担当する園児が「見て、見て」と、おもちゃや自分で描いた絵を持って寄ってきた。「何を持っているの」と話しかけ、抱っこしたり、手をつないだりした。  祐村さんは6月上旬から、副業で月に10日ほど保育園でフルタイムのパートとして勤務している。大学の児童学科で学び、航空関連会社や保育園で働き「いろいろな人に出会える魅力がある」とCAに転職した。感染拡大で乗務が減り、時間に余裕ができた。医療従事者の子どもが偏見を受けて肩身の狭い思いをしていると知り、「何かできることを」と、院内保育所の仕事を探した。見つからなかったため、以前働いていた保育園の運営会社に問い合わせ「保育士の人手が足りない。ぜひ来てほしい」と言われた。  保育園では子どもたちと食事やトイレ、散歩などの時間を過ごし、語学力を生かして外国人講師の通訳を買って出る。感染防止対策を徹底するため、園児に何度も手洗いさせ、着替えの回数を増やし、こまめに換気や消毒をしている。運営会社の藤山薫美さんは「CAをしていて所作がきれいなので、子どものいいお手本になる」と話した。  祐村さんは「どちらもやりたかった仕事なので、二つの夢がかなえられて楽しい」と言う。収入面でもプラスになる。機内と保育園、どちらの仕事に臨む時も心構えは同じで、「愛情をもって接すれば笑顔が返ってくる」と感じ、乗客や子どもたちの安全と命を守る責任に向き合う。国内線の運航便数が当初計画の66%まで戻り、乗務時間が増えていて「どちらの仕事も自分の成長につながる。日数が少なくなっても保育園での副業を続けたい」と思う。ジェットスターは今年4月からCAだけではなく全社員の副業を認め、「キャリアや私生活に合わせた多様な働き方を可能にした」と説明する。  日本航空のCAは7月18日から、研修のため千葉県成田市川上のグループ会社運営の農家レストラン「DINING PORT 御料鶴」で店員として交代で働く。山上佳奈さん(28)は、1カ月に90時間あった乗務時間が7月は9時間に減った。4月以降、乗務したのは国内線のみで、7月まで国際線に一度も乗らなかった。「お客様と接する機会が減り、サービスの技量をキープしたい」と、希望して参加した。  日航では、CA4人が副業として保健所やサービス付き高齢者向け住宅、PCR検査の結果待ちの待機者用ホテルで事務作業などに従事した。  航空各社は、空いた時間でCAの英語学習や安全知識向上などの研修に力を入れる。全日本空輸のCAはボランティアで医療用ガウンの縫製作業に従事した。

 

 

貨物船、重油1000トン流出 モーリシャス沖座礁を陳謝 商船三井

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月10日

商船三井の小野晃彦副社長は9日、運航を手配した貨物船がインド洋の島国モーリシャス沖で座礁し、重油が流出した事故について記者会見した。小野氏は「誠に申し訳ない。解決するまで誠意をもって取り組む」と陳謝。事故対応のため現地に社員を派遣する方針を示した。既に1000トン以上の重油が流出したとみられるという。 【写真】モーリシャス沖で座礁して重油が流出した貨物船「WAKASHIO」を眺める人々  事故を起こしたのは長鋪汽船(岡山県笠岡市)が所有する全長約300メートルの大型ばら積み船「WAKASHIO」。現地時間7月25日に座礁して容量1180トンの燃料タンクが損傷し、同8月6日に重油の流出が始まった。  これまでに約50トンしか回収できておらず、大半がタンクから漏れ出たとみられる。環境への影響が懸念されている。

 

 

レバノン反政府デモ、外務省など一時占拠 700人負傷

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月10日

爆薬の原料に使われる硝酸アンモニウムの大爆発で158人が死亡した中東レバノンの首都ベイルートで8日夕、政府の無策に抗議する数千人規模のデモ隊が治安部隊と衝突し、1人が死亡、700人以上が負傷する騒乱状態になった。デモ隊は外務省など複数の政府庁舎を一時占拠。国家統治を揺るがす事態に発展した。 【写真】ベイルートで8日、外務省を占拠し、政治体制の変革を要求する反政府デモの参加者たち=AP  地元メディアによると、デモは「報復の土曜日」と名付けてSNSを通じて呼びかけられ、国会近くの「殉教者広場」で始まった。爆発現場から約1・5キロの距離にあり、周辺の壊れた建物や散乱したがれきが手つかずなままだ。  デモ隊の一部は、国会や政府庁舎に侵入を試み、遮ろうとする治安部隊がゴム弾や催涙弾を発砲。デモ隊は投石や放火で応酬した。死亡が確認されたのは警察官で、デモ隊に追いかけられ、転落死したという。負傷者は少なくとも728人に上った。爆発による負傷者約6千人をすでに抱えていた医療体制はパンク状態で、治療がどこまで行われているか不透明だ。  午後7時ごろには、退役軍人らが率いるデモ隊の一部が外務省に入り込んで占拠。「革命の本拠地にする」と宣言し、「体制を引きずり下ろせ」と叫んだ。経済省や環境省、エネルギー省、銀行協会本部にもデモ隊が押し入り、一部の建物に放火した。その後、重武装の軍部隊が出動し、約3時間後に強制排除した

 

 

レバノン首都の大爆発、クレーターの深さは43メートルと判明

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月10日

レバノンの首都ベイルートの港湾地区で、大量の硝酸アンモニウムが大爆発を引き起こした事故によってできたクレーターの深さが、43メートルに達することが判明した。治安当局者が9日、明らかにした。 【関連写真】地上から見たクレーターの様子  この当局者はAFPに対し、事故現場で調査を実施しているフランスの専門家らによる報告を引用し、4日に発生した「港湾地区での爆発は、深さ43メートルのクレーターを残した」と述べた。  4日に発生し、市街地の多くを荒廃させた爆発により、150人超が死亡、少なくとも6000人が負傷した。さらに自宅が破壊されたり、損壊したりしたことで30万人超が家を失った。

 

 

住民の半分がコロナ感染した町、傷痕深く「新常態」見い出せず イタリア

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月10日

イタリア北部ロンバルディア州ネンブロの中心部に、おもちゃ屋がある。シャッターは閉まっている。このシャッターが開くことはもうない。おもちゃ屋を経営していた年配のピエラさんが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかり、死亡したのだ。隣で息子たちと共に金物屋を営んでいたピエラさんの兄弟も、コロナで亡くなった。  これは、この小さな町を襲った多数の悲劇の一つに過ぎない。  イタリアをはじめ、欧州の多くの国で経済活動が再開する中、ネンブロのような町はニューノーマル(新常態)を見出すのに苦労している。傷痕があまりに生々しいからだ。  理容室を営むマニュエルさんは「月に1度通ってくれていた常連の少なくとも10人が亡くなった」と言う。「彼らに二度と会えないというのが本当に信じられない」  ネンブロはイタリアが新型コロナウイルス流行の結果、大きな社会的・経済的代償を払ったことを示す象徴的な町だ。  パンデミック(世界的な流行)のさなか、町の死亡率は10倍にまで膨れ上がった。イタリアの小さな共同体がここまで深い衝撃、それに悲しみを経験したのは第2次世界大戦以降初めてだった。  人口約1万1000人のネンブロは、国内で最大の打撃を受けたロンバルディア州内で、最も被害が大きかった地域にある。  イタリア国立統計研究所によると、ネンブロの3月最初の3週間の死者数は、昨年全体の死者数の10倍以上に上った。人口比でいうと、国内でここまで被害が甚大だった自治体はない。  先月25日に発表されたデータでは、ネンブロは世界最大の被害を受けた町である可能性が示された。新たな検査では、人口の49%が新型コロナウイルスにかかったと推定されるという。  ネンブロは国内有数の工業地帯、バッレセリアーナの玄関口にあり、花壇つきの邸宅や子どもの遊び場、アフタースクールつきの教会や噴水がある広場などがそろった豊かなコミュニティーだ。輸出入に依存していた企業にとって、中国とのつながりは日常的なものだった。  英テレグラフ紙の取材に対し、ネンブロのクラウディオ・カンチェッリ市長は「3月に入ってからの15日間は、毎日10人が死亡した。誰も事態を把握できなかった」と話した。  2月23日に隣接する町アルザーノロンバルドの病院で最初の感染が発生した時、すぐにでもロックダウン(都市封鎖)が始まるといううわさが広がった。しかし、3月8日まで何も起こらなかった。  カンチェッリ氏は「2月末にベルガモで会議があり、他の首長も集まった」と述べた。「誰もマスクをしていなかった。今となってはまったく信じられない」 ■写真館を訪れるのは遺影を作る人のみ  2月23日から3月30日までの間に、ネンブロでは188人が死亡した。前年同時期と比べると10倍の死者数だ。  市長の執務室の下には、市内での出生数や死者数を記録する登記所がある。そこでは2月末に所長がせきや高熱などの症状で体調を崩した。それから数日で職員3人が同様の症状を訴えた。3月5日には、女性職員1人しか残っていなかった。この職員は翌日病院に緊急搬送され、2日後に死亡した。  職員1人が死亡、3人が重症となり、登記所は人員を埋めることができなくなった。ネンブロ議会は急増し続けた死者数を記録できず、しまいには数えきれなくなってしまった。  町は現在、少しずつ日常を取り戻しつつある。しかし、外出する住民はごくわずかだ。  ソニア・クアランタさんは町の中心部で写真館を営んでいる。結婚する予定の若いカップルに人気があるため、ネンブロ住民はほぼ全員、クアランタさんと顔見知りだ。  クアランタさんは「2月末から3月初めにかけて、みんなハエが落ちるかのように倒れてしまった」と言う。「ある時点で、亡くなった愛する人の遺影を作る客しか来なくなったことに気付いた」

 

 

【速報】1都6県に「熱中症警戒アラート」発表

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月10日

10日、熱中症の危険性が極めて高くなる危険な暑さが予想されるとして、環境省と気象庁は、東京都、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、埼玉県、神奈川県の1都6県に「熱中症警戒アラート」を発表しました。  環境省と気象庁は10日、東京都、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、埼玉県、神奈川県の1都6県で「暑さ指数」が33以上となり、熱中症の危険性が極めて高くなる危険な暑さが予想されるとして、「熱中症警戒アラート」を発表しました。  「熱中症警戒アラート」が発表されたエリアでは、不要不急の外出を避けて涼しい室内で過ごすようにしてください。また、普段以上に屋内の気温や湿度に気を配り、エアコンなどを適切に使用するようにしてください。  一方、屋外やエアコンが設置されていない屋内での運動・作業・活動はできるだけ中止や延期を検討してください。激しい運動は禁物です。さらに、暑さに弱い高齢者や障害者の人たち、小さな子どもたちに対しては、大丈夫か声をかけてあげてください。  「熱中症警戒アラート」は、「気温」と「湿度」、「輻射熱」を考慮して、どのくらい厳しい暑さであるかを示す国際的な指標「暑さ指数」をもとに発表される情報です。

 

 

医療機関支援の新たな枠組み 政府が方針固める

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月10日

政府は、新型コロナウイルスの影響で、経営が悪化している医療機関などを支援するため、新たな枠組みをもうける方針を固めた。 病院をめぐっては、新型コロナウイルスの患者を受け入れた病院では、通常診療が縮小され、また、受け入れていない病院でも受診控えなどで、経営が圧迫されている。 そのため政府は、「地域経済活性化支援機構」が経営面での助言を行うとともに、「福祉医療機構」が融資などで資金繰りを支えるなど、新たな枠組みによって医療機関の収益の改善を目指す。 医療提供体制の維持はコロナ対策の要で、2つの機構は、8月中にも協定を締結し、できるだけ早く支援を始める方針。

 

 

10日 台風5号は九州北部に接近へ 新たに台風発生か 広く猛暑

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月10日

10日(月)山の日、台風5号は昼前から夕方にかけて九州北部に最も接近する見込みです。南の海上には2つの台風の卵。広く猛烈な暑さになりますので、熱中症対策を行って下さい。

台風5号 九州北部に接近へ 九州~近畿に発達した雨雲かかる

画像:tenki.jp

10日(月)は、台風5号は東シナ海をやや発達しながら北上し、昼前から夕方にかけて九州北部に最も接近する見込みです。九州西海上や対馬海峡では、非常に強い風が吹き、うねりを伴って大しけになるでしょう。陸上でも予想される最大瞬間風速は25メートルです。風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出るほどの風です。 台風5号は、夜には日本海西部に進む見込みです。九州から近畿では、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。大気の状態が非常に不安定になり、発達した雨雲がかかる見込みです。注意が必要な地域と時間帯は、九州南部は昼過ぎにかけて、九州北部は昼過ぎから夕方、四国は昼前から夜のはじめ頃、中国地方は昼過ぎから夜のはじめ頃です。局地的にカミナリを伴って、激しい雨が降るでしょう。近畿も急な強い雨や雷雨の所がある見込みです。カミナリ雲の下では、竜巻などの激しい突風が発生することがあります。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、建物の中など安全な場所に移動して下さい。 台風から少し離れていますが、四国の太平洋側では、雨の降り方に注意が必要です。多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込みです。このような雨が降ると、マンホールから水が噴出したり、側溝があふれたりすることがあります。瀬戸内側でも多い所で1時間に30ミリの激しい雨が降るでしょう。低い土地の浸水に警戒して下さい。

東海~東北南部 強い日差し 午後はにわか雨や雷雨

東海から東北南部は、高気圧に覆われるでしょう。雲の広がる時間もありますが、強い日差しが照りつける見込みです。午後は、局地的に雨や雷雨があるでしょう。東海や関東北部、東北南部の太平洋側では、傘をさしていても濡れてしまうくらいの激しい雨が降る所がある見込みです。

 

 

島根の高校サッカー部で88人が集団感染 松江市長「犯人探しやSNS上での誹謗中傷は厳に慎んで」

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月10日

島根県と松江市は9日、緊急会見を行い、島根県内で新たに92人の新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを発表した。松江市の松浦正敬市長によると、そのうち88人が立正大学淞南高校の関係者で、サッカー部の生徒を中心に135件、教職員6件の検査を終えた結果、このサッカー部に関連した88人の集団感染が確認されたという。88人のうち86人が生徒で、残り2人が教員。80人の生徒が寮生活で、6人が自宅からの通学とのことだ。陽性が確認された88人ついては、現在、県の広域入院調整本部で隔離先を調整している。 【映像】感染の80人は寮生活  県内で90人を上回る感染が確認されたことについて松浦市長は「同一の感染源による感染と推定しており、市中感染が広がっているわけではない」と市中感染の広がりについては否定的な見解を示したが、立正大学淞南高校の終業式が8月7日に行われていたことなどを受け、学外への感染拡大防止を図るうえで「同校の教職員、寮以外の生徒全員に対する幅広い検査を行っていきたい」と対策を述べた。  また松浦市長は「新型コロナウイルス感染症は誰もがかかる可能性がある感染症。犯人探しやSNS上での誹謗中傷は厳に慎んでいただきたい」とも話し、市民に冷静な対応を呼びかけた。  松浦市長の発言を受け、島根県の丸山達也知事は今後の対応について、感染が確認された生徒のうち軽症者は感染症に対応した医療機関への入院を。一方、無症状の人に関しては、寮での療養とすると説明。さらに「今回は多くの患者が一度に確認されたこれまでにないケース。今後、次に症状のある患者が多数生じる場合に備え、医療機関のベッドを空けておくために、学校の寮で療養していただくことが適当だと考えた。大勢の患者を移動させることで生じる負担や感染リスクを避けることもできる。寮には県から専門職を派遣して、感染対策を徹底していく」と述べた。  一方でPCR検査において陰性と判定された寮生については、軽症患者用の療養施設として確保されていた出雲市内の県立施設に移り、健康観察を行っていくという。現状、県においては新型コロナに対応した病床が253床確保されており、即座に対応できる病床は約60床。医療機関全体としては約210床が活用可能な状況にあるとのことだ

 

 

尖閣行き「当局の指示次第」 中国漁民、東シナ海出漁準備

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月10日

沖縄県の尖閣諸島沖で中国公船が領海侵入を繰り返し、日中関係の緊張が続く中、中国東部、浙江省の漁港では、近く禁漁期が明ける東シナ海への出漁準備が進められている。 【写真】領海警備中の海上保安庁の巡視船と中国公船「海警」  ただ、片道2日を要する尖閣沖への出漁は一部大型漁船を除くと「そんなにもうからない」(漁民)のが実情。必ずしも積極的ではなく「当局の指示次第」のようだ。  「釣魚島(尖閣)は中国のもの。日本への引き渡しは許さない」。5日朝、台風直後の石浦港(象山県)を案内してくれた船長(63)は公式見解を力説しつつも「燃料費もかかる。行きたいという漁民は多くない」と付け加えた。  中国では16日から東シナ海への出漁が解禁される。ただ、魚の十分な成長を待つため、大型船は9月16日まで出港できない。大型船でなければ尖閣沖での漁は採算割れのリスクが高い。近年は近海の漁獲量も回復傾向にあり、遠方で漁をする必要性は薄れている。  尖閣沖では4年前の8月、中国漁船の領海侵入が相次ぎ、外交問題になったが、この船長は「釣魚島沖の適漁期は10月ごろで、8月に出漁したのは当局の指示があったから。今年も当局の指示次第だ」と断言した。  漁民らによると、かつては尖閣沖に出漁する漁船も少なく、日本の監視もほとんどなかった。近年は漁船の能力が向上。遠方に行く船も増え、尖閣をめぐる対立が激化すると、取り締まりも急激に厳しくなった。  石塘港(温嶺市)で作業をしていた湖北省出身の50代の船員は「海に出て20年、釣魚島にもよく行った。昔は日本巡視船の取り締まりはなかったが、最近は警告や没収、衝突もあり、恐ろしく感じる」と苦笑。「中国巡視船は助けてくれない。最後は強い方が島を取ることになる」と述べた。  茶飲み話をしていた70代の元船長は「昔は漁船の能力もないし、釣魚島にはほとんど行ったことがない。近海で十分取れるし、行く必要もない」と説明。「釣魚島が中国のものだという意識はない」と元船長が語ると、隣の老人も「われわれとは関係ない」とうなずいた。 

 

 
 
Top