過去の記事:2020年8月

米国と近く貿易協議と中国が表明 「近日中に対話すると決定」

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月21日

中国商務省の高峰報道官は20日の定例記者会見で、延期となった米国との閣僚級貿易協議に関し「双方は近日中に対話すると決定した」と述べた。新型コロナウイルスへの対応や中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)への制裁を巡り激しく対立する一方、経済では一転して交渉継続を決め駆け引きが活発化している。  具体的な日程や内容には触れなかった。米中は当初15日を軸に協議を計画していたが延期。トランプ米大統領は18日、中国と「今は話したくない」と述べていた。  2月に発効した米中貿易協議の「第1段階合意」の実施状況を点検するとみられる。

 

 

北京で「防空壕」「空襲警報」 戦時演出、社会引き締めか

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月21日

中国の首都北京で、国外からの空襲に備えて防空壕(ごう)の場所や空襲警報の詳細を住民に周知する動きが出始めた。対立が深刻化する米国などを仮想敵国とし、社会に“戦時”の雰囲気を醸成することで、共産党の求心力を高める狙いもありそうだ。 【写真】北京のアパート構内にある「人民防空シェルター」の入り口  産経新聞中国総局が入居する北京市のアパート構内では8月中旬、唐突に「人民防空シェルター」の場所を示す標識が新設された。  掲示板では「事前警報」「空襲警報」「警報解除」の3種類について、サイレンの鳴動・休止時間の特徴を説明。警報が鳴った場合、入居者ごとにガスや電源、水道をとめ、指定シェルターに入るよう挿絵付きで対応を指導している。  中ソ対立が深刻化した1960年代以降、中国は旧ソ連の攻撃を恐れて主要都市に防空壕や地下道を建設。北京市中心部では79年までに総延長30キロ余りの地下道を縦横に建設し、約30万人が収容可能とされる。  80年代以降は防空施設の意義が薄れ、観光資源として一般開放も行われていた。ただ、江沢民元国家主席は米英など多国籍軍がイラクを空爆した91年の湾岸戦争を踏まえ、「地下工事は重要だ」と発言するなど、シェルター建設を重視していたとされる。  北京の政治研究者によると、市内の別の居住区でも同様の活動が始まった。「『戦争に勝利する』など(愛国心を高揚する)近年のスローガンと関連した動きだろう」と分析した。  産経新聞中国総局の近くに設置された標識は、防空壕の方向を示しているだけで具体的な場所は明示していない。アパート管理者に問い合わせたところ「必要な時は誘導する」とだけ回答した。記者が自力で入り口を見つけたが、内部の取材は認められなかった。  北京の中国人記者は防空壕について「現代では何の役にも立っておらず、周知の動きは一種の(政治)宣伝かポーズだろう」と話した。

 

 

公判控える現職衆院議員が買収工作関与か 秋元容疑者逮捕 前代未聞の事態に

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月21日

カジノを含む統合型リゾート(IR)汚職を巡る証人買収事件で、贈賄側の被告に虚偽証言を依頼した疑いが強まったとして、東京地検特捜部は20日、衆院議員の秋元司容疑者(48)=収賄罪で起訴=を、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の疑いで逮捕した。自身の公判を控える現職国会議員が、保釈中に自ら事件関係者への買収工作に関わった疑いが浮上する前代未聞の事態に発展した。 【写真】2月に保釈された秋元議員  逮捕容疑は、いずれも証人等買収容疑で逮捕された会社役員の佐藤文彦(50)、淡路明人(54)の両容疑者と共謀し、IR参入を目指していた中国企業「500ドットコム」元顧問の紺野昌彦被告(48)=贈賄罪で起訴、保釈中=に、公判で虚偽の証言をする報酬として、6月27日に那覇市のホテルで現金1000万円、7月22日に現金2000万円の提供を持ちかけたとしている。特捜部は東京都江東区にある秋元議員の事務所などを家宅捜索した。  秋元議員は2019年12月にIR汚職事件で逮捕され、起訴された後、20年2月12日に保釈された。IR担当の副内閣相などを務めていた17~18年に計約760万円相当の賄賂を受け取ったとされ、うち300万円は、衆院解散当日の17年9月28日、議員会館の事務所で、紺野被告と、ドットコム社元顧問の仲里勝憲被告(48)=同=から受け取ったとされる。紺野、仲里両被告は現金提供を認めているというが、秋元議員は授受そのものを否定していた。  関係者によると、淡路容疑者は秋元議員の支援者。秋元議員の保釈後も定期的に食事をするなど面会していたといい、特捜部に対して秋元議員の関与を認める供述をしているという。  仲里被告には、会社役員の宮武和寛容疑者(49)が面会し、虚偽証言を依頼した疑いで逮捕されている。面会には、秋元議員の知人でコンサルタント会社経営の男性が同席していた。特捜部は、秋元議員が淡路容疑者やこの男性を通じ、紺野、仲里両被告の主張を覆す働き掛けを背後で指示したとみて調べる。特捜部は男性の行方も追っている。  秋元議員は国会議員秘書を経て04年の参院選比例代表で初当選。12年の衆院選で比例復活して国政に復帰し3期目。IR汚職事件で自民党を離党した。取材に「証人買収なんてやるわけがない。何もしていない」と関与を否定していた。  紺野、仲里両被告の初公判は26日にあり、秋元議員の公判日程は未定。【金寿英、志村一也、二村祐士朗】

 

 

信じてたのに」支援者ショック 「焦りの表れか」「ただ、ため息」 秋元容疑者逮捕

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月21日

カジノを含む統合型リゾート(IR)を巡る汚職事件で身の潔白を訴えてきた衆院議員、秋元司容疑者(48)が20日、東京地検特捜部にまたも逮捕された。保釈から半年。自身が裁判で有利になるように「虚偽証言」を働き掛けた疑いで再び拘置所に収容されるというまさかの事態に、支援者たちは「無罪を信じていたのに、ショックだ」と失望の声を上げた。 【写真】2月に保釈された秋元議員  東京都江東区にある秋元議員の地元事務所には20日夕、特捜部の係官が家宅捜索に入った。事務所は店舗やマンションが並ぶバス通り沿いのビルにあり、窓や出入り口はシャッターやブラインドが下ろされていた。事務所に出入りしたことがあるという支援者の男性は「ここまで危ないことをする議員だとは思っていなかった」とつぶやいた。  秋元議員は大学在学時から政治家を目指し、小林興起・元衆院議員の事務所で学生秘書として活動。2004年、国政初挑戦の参院選比例代表で当選した。落選の憂き目も見たが、再起して17年に副内閣相と副国土交通相に就任。たたき上げの政治家として活躍する傍ら、パチンコやエンターテインメント業界などとのつながりを深めた。「金集めに特に熱心」「素性の判然としない企業とも付き合う」との評価も付きまとった。  だが、政治家人生は19年12月に暗転する。自身が力を注いできたIR事業を巡り、参入を目指していた中国企業から賄賂を受け取ったとして収賄容疑で逮捕され、再逮捕を経て計50日間、身柄を拘束された。  それでも一貫して無罪を主張。20年2月に保釈されると、記者会見を開いて「特定の事業者のために便宜を働くようなことは断じてない」と身の潔白を訴え、政治活動を再開させた。インターネット上に、駅周辺でフェースシールドを着けて演説する姿や政治についての解説動画を投稿し、7月には東京都内で政治資金パーティーを開いた。  ただ、一部の支援者たちは、保釈後の秋元議員の行動に「違和感」があったようだ。選挙運動を支援していた地方議員の男性は「選挙にも勝たなければならないし、もう一度、政治人生を立て直そうと思って行動していたのだろうが、焦っているように見えた。今回の事件もその表れではないか」とみる。  3度目の逮捕となった証人買収事件で、特捜部は、IR汚職事件で収賄罪に問われた秋元議員が自身が有利になるよう、贈賄側の被告に虚偽供述を働き掛けたという構図を描く。「証人買収の指示なんて、あり得ない。秋元議員は普通とは感覚が違うのだろう」。ある検察幹部は、現職の国会議員が3度逮捕された異例の事件をそう評した。  秋元議員は日ごろ、地元で開かれるイベントに頻繁に顔を出していた。地元の後援会関係者は「祭りやラジオ体操にも駆けつけていて、若くて期待していた。逮捕のニュースをみて、ただ、ため息しか出なかった。こんな人を応援していたと思うと、悔しい」と声を落とした

 

 

小学5、6年に教科担任制案 22年度から 授業の質向上など狙う 中教審

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月21日

小中学校や高校の教育のあり方を検討している中央教育審議会の特別部会は20日、2022年度から小学5、6年生で「教科担任制」を導入する案を示した。専門性の高い教員が教えることで授業の質を高めることに加え、教員の負担軽減につなげる狙いもある。対象の教科として、小学5、6年で20年度から正式教科になった英語のほか理科と算数を例示した。 【写真】保育士の葛藤 ギュッとしていいのか…  教科担任制は特定の教科を専門に担当する教員が複数の学級で教える仕組みで、中学校や高校で導入されている。一方、小学校では教員免許が教科ごとに分かれていないこともあり、担任教員が自分のクラスのほとんどの教科を受け持つ「学級担任制」が主流だ。  20日に示された案は、小学校高学年で学習内容が難しくなることを踏まえ、「中学校への円滑な接続を図ることが求められる」と指摘。「教科指導の専門性を持った教師によるきめ細かな指導を可能とする教科担任制により、学習内容の定着度の向上と学びの高度化を図ることが重要」と教科担任制の導入を求めた。導入すれば1人の教員が担当する授業時数が減り、教員の負担軽減につながることもメリットに挙げた。  導入に向けては人材の確保が課題となる。特別部会は、教員を目指す学生が小中学校の両方の免許を取得しやすくしたり、現職の中学教員が小学校の免許を取りやすくしたりする制度改正を求めた。「必要な教員定数の確保に向けた検討の具体化を図る必要がある」と定数改善の必要性にも言及した

 

 

藤井聡太二冠、記録達成で一夜明け会見「この上ない結果だった」時間できたら「パソコンを1台組みたい」

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月21日

将棋の最年少棋士・藤井聡太二冠(18)が、最年少二冠・八段昇段を果たして一夜明けた8月21日に記者会見を行った。新たな最年少記録に日本中が沸く中、本人は二冠達成に「この上ない結果だった」と振り返ると、過密なスケジュールの中で行われた2つのタイトル戦を終え、「落ち着いたらパソコンを1台、組みたいなと思います」と研究にも使用するパソコンについて語る一幕もあった。インタビュー内容は以下のとおり。 【動画】衝撃の封じ手「8七同飛成」 -眠れましたか  そうですね、はい。 -王位を獲得した実感  王位戦は奨励会員のころ、タイトル戦の控え室に伺って、勉強させていただいたこともあったので、そういった棋戦でタイトルを獲得できたのは感慨深いと思います。 -家族などに報告は  はい、電話で。 -今後の目標  実力を高めていくというのが一番の目標なりますけど、近いところだと王将リーグが始まるので、相手も非常に強い方ばかりなので、しっかり戦いたいと思います。 -福岡の印象  福岡は今回で訪れるのは3回目になるんですけど、いつも地元の方に温かく迎えていただいて、本当に今回も素晴らしいところで対局できたのかなと感じています。 -部屋に帰って検討などは  部屋に戻ってから自分でも少し対局の振り返りはしていました。師匠(杉本昌隆八段)とも少し電話で話をしました。 -詰パラを解いたり、久保・永瀬戦をチェックしたりは  昨日、王将戦で久保九段と永瀬二冠の対局もあって、自分の対局が終わってから、中継の方で確認したりしました。 -将棋を考える時間はどれくらい  対局終わってから部屋に戻って1時間か少し、振り返りをしていたのかなと思います。 -封じ手は積極的な手だった  どちらも難しいのかなという気がしたんですが、飛車がどの程度働くか見通しの立ちづらいところがあったので、本譜で飛車を切って、その後飛車をこちらが取り返す形にもなりやすいので、そういった順で勝負できるのかなと思っていました。切って難しければと思っていました。 -家族や師匠にどんな報告を  家族や師匠も結果は知っていると思うので、改めて自分が報告という感じではなかったんですが、喜んでもらえたのかなと思います。 -対局で着た和服は師匠からの贈り物だった  今回の対局で師匠からいただいた羽織を着用して、今回の対局で初めて着たんですが、鮮やかな色で自分自身、身の引き締まる思いがしましたし、その中で結果的に勝利できたのは非常によかったと思います。 -和服での対局のやりやすさは  和服で対局するのは、長い持ち時間では棋聖戦と王位戦が初めてだったんですが、対局に関しては快適に不自由なくできたのかなと思います。 -2日制、8時間は長かったか、短かったか  持ち時間8時間というのは自分にとって初めてではあったんですが、実際指してみると、それでもまだまだ考えが足りないのかなと思ったところもあったので、改めて将棋の奥深さを感じるところはありました。 -これから先、タイトルを増やすことは  まだまだ実力を高めなければいけないのかなと思いますし、王位戦で新たに見つかった課題もあるので、そういったところも高めて、上を目指していければいいのかなと思います。 -昨夜は何時に寝て、今朝は何時に起きた  昨日は寝たのは12時ぐらいで、起きたのは6時半ぐらいだと思います。封じ手の日は10時ぐらいに寝ていたので、早めという感じではなかったです。 -激しい封じ手だったが  早く寝るようにと心掛けていたので(笑)。 -タイトル戦が一区切り、自宅に帰ってやりたいこと  AbemaTVトーナメントの決勝もあるので、まずはそちらでもあるんですが、家に帰ってから、昨日の対局についてじっくり振り返れればと思います。 -将棋以外では  落ち着いたらパソコンを1台、組みたいなと思います。 -休み数日取れたらやりたいこと  今は新型コロナもあるので少し難しいですが、落ち着いたら旅行にでも行きたいなと思います。 -自分へのご褒美は  王位、棋聖を獲得できたのが、自分にとって思った以上に、この上ない結果だったので、自分でご褒美というのはあまり考えていません。

 

 

名古屋や大阪ですでに35℃超 西日本・東日本は危険な暑さ続く

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月21日

朝から体にこたえる暑さに

名古屋市中村区より(21日8時30分前の様子)

今日21日(金)も西日本から東日本、東北では、夏の高気圧に覆われて、朝から強い日差しが照り付けています。 このため気温もぐんぐん上昇、10時半過ぎには名古屋や大阪で35℃を超えて、いずれも8日連続の猛暑日となりました。 11時の時点で真夏日の地点数は618地点に達し、猛暑日も33地点と、すでに体にこたえる猛烈な暑さになっています。

東京も4日ぶりの猛暑日になる予想

各地の予想気温 21日(金)14時

このあともさらに気温が上がる見込みで、予想最高気温は大阪で38℃と今年一番の暑さになる可能性があります。 東京は36℃と、4日ぶりの猛暑日になる見込みで、危険な暑さになります。 適切に冷房を使ったり、こまめに水分や休養をとるなど、室内でも熱中症対策を万全に行ってください。

 

 

最悪シナリオ「可能性低まった」 新型コロナのシンポで専門家

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月21日

新型コロナウイルスに関する日本感染症学会のシンポジウムが20日、東京都内で開催され、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長らが感染拡大の現状などについて見解を明らかにした。 【グラフ】東京と大阪の陽性者数と重症者数の推移  尾身氏は「全国的に見ると(感染拡大は)だいたいピークに達したとみている」との認識を示した。同分科会メンバーの押谷仁東北大教授も「大都市で数万人が死亡し、医療が崩壊するといった最悪のシナリオが起きる可能性は低まってきた」と指摘。ただ、接待を伴う飲食店を中心としたリスクについて、さらに低減させる必要があるとした。  また尾身氏は、クラスター(感染者集団)の発生が続く中、どんなに注意しても現状では完全な感染予防は不可能だと強調。「こういった状況では不安が生じるが、心の持ちようや対処方法を考えておき、冷静に対応することが重要だ」と述べた。  その上で「新型コロナの実態は、この半年でかなり分かってきた。クラスターが見つかることは不安ではなく、制御できる機会の発見で安心につながると考えてほしい」と提言。さらに国に対し、医療機関への人的、財政的な支援を迅速に行うことなどを求めた。  押谷氏は今後の社会のあり方について「全ての場でリスクゼロを求めると、社会や経済の活動を著しく制限せざるを得なくなる。新型コロナを正しく評価し、どこまでリスクを許容するかについて社会のコンセンサス(同意)を得ていくことが必要だ」と指摘した。

 

 

トランプ氏、バノン被告の資金集め「何も知らない」

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月21日

米国のスティーブ・バノン(Steve Bannon)元首席戦略官が募金詐欺を行ったとして逮捕・起訴された問題で、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は20日、バノン被告の資金集めについては一切関知していなかったと表明した。 【写真】トランプ氏の話を聞くバノン氏  トランプ氏はホワイトハウス(White House)の大統領執務室(Oval Office)で記者団に対し「そのプロジェクトについては全く何も知らない」と発言。「非常に残念だ」、「とても悲しいことだ」と述べた。  起訴状によると、バノン被告はメキシコとの国境に壁を建設する名目で集めた寄付金2500万ドル(約26億円)の一部を着服したとされる。  バノン被告は2016年の大統領選でトランプ氏を勝利に導いた重要人物の一人で、トランプ政権が持つ国家主義的思想の立役者だが、トランプ氏は「彼とはかなり長い間関わっていない。全く関わっていない」と述べ、バノン被告から距離を置いた。

 

 

夏休み短縮 給食用増 生乳需給に逼迫感 生産急ピッチ

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ ビレンワークアップ
2020年08月21日

中央酪農会議(中酪)によると、7月の指定生乳生産者団体を通じた生乳の飲用向け販売量は、前年同月比7・9%増の29万3311トンだった。特に北海道は同20・5%増で、都府県への移出量や産地パック牛乳の注文が大きく増えた。  8月は多くの地域で、夏休みが明けるのが1、2週間早まる。学乳への供給が増えるため、生乳の飲用需要は高水準で推移しそうだ。Jミルクは指定団体経由以外も含む学乳の生産量を、8月は前年同月比2・7倍の1万6000キロリットルに増えると見通している。  茨城県古河市のトモヱ乳業は、茨城や埼玉県、東京都などに日量22万本(1本200ミリリットル)の学乳を出荷している。例年は夏休みに入る7月下旬から40日間ほど生産を止めるが、今年は2週間後に生産を再開。8月の第3週に通常の8割まで生産ラインが稼動し、第4週以降はフル稼働する見込みだ。  生乳の生産量は急激な需要の高まりに追い付いていない。7月の指定団体の生乳受託乳量(生産量)は59万7286トンで前年同月より1・2%増えた。しかし8月は猛暑が続き、関係者の間では、都府県の生産量は前年を下回ることが予想されている。  生乳需給の逼迫を受けて、指定団体は県域をまたぐ生乳流通の調整に努める他、業界団体も小売りに牛乳の安売りを控えるよう要請するなど、対応に追われる。  政府は食料・農業・農村基本計画で、生乳の生産量を10年後の2030年度に780万トンと、約50万トン増やす目標を掲げている。不測の事態に対応できる酪農の基盤強化が急務だ。

 

 
 
Top